Shining Eyes~まったり宝塚Life~

宝塚大好きなmakoronの徒然日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タワレコライブ

16時のライブに行って来ました。
ラッキーな番号をいただけて、なんと2列目ほぼセンター
目の前が舞台だし・・・
とんでもなく近くて始まる前からテンションかなり上がり気味・・・ 急に客電が落ち、ステージの照明がパァアっと付いた途端、蝶のイントロが・・・
下手側から、瞳子さん登場~キャ~~~!!!!
イントロに合わせて揺れる姿はひたすらかっこよく・・・
素顔はナチュラルメイクでひたすら可愛い・・・

衣装は真っ白のスタンドカラーのシャツ。。。共布のタイは退団会見の時と同じ結び方。
手首に近くなるにつれてバルーンのように広がっていて可愛い!
黒の前開きベスト(DVDと同じかな?)の右身ごろに白い蝶のブローチ(可愛い)
横にサテン地のラインが入った細身のツイードのパンツを黒のロングブーツにブーツイン。
右手人差し指にはサファイア?とダイヤのコンビの指輪・・・
髪型も蝶と同じくナチュラルな感じ・・・

迫力のある歌声に聴き惚れながら、時に視線が飛んできてかなりドキドキ・・・
(こんなに近くでこんなに長い時間、素顔の瞳子さんを見させて頂けるなんて、きっともう一生無いわ・・・)
長めの間奏の途中で、入る所を間違えて歌い出しそうになり、しまった~って感じでハニカミ笑をする瞳子さんがめっちゃ可愛いくて、壊れそうになりました。

一曲目の蝶が終わって司会の方が登場!
あらためて自己紹介
「こんにちは。宝塚歌劇団星組の安蘭けいです。この度は、このライブのために抽選で当たるかどうかも分からないのにたくさんCDを買ってくださってありがとうございました」
客席爆笑

司会「シンガー、アーティストとしての安蘭さんにとって初CD、初ライブなんですよね」
瞳「シンガー!(テレながら嬉しそう)はい・・・新人の安蘭けいです。」

いろいろトークがあったんだけど、見とれちゃってあんまり覚えていない・・・(ごめんなさい)
かなり前後するかもですが・・・思い出しては徒然書いてみます。

司会「こうした場所でのライブはいかがですか?」
瞳「今回はCDを録ってから初めて歌うんです。私よりもお客様の方がこのCDのことよく知ってるかも・・・
お客様が入られる前に、何にもない状態でリハーサルしたんですけど、その時はガラ~ンとしてて、カラオケのちょっと大きな部屋みたいな感じで歌えるなって思ったけど、こうしてお客様が入ると全然ちがいますね」おっきな瞳を更に大きく広げながら・・・

司会「今は次の公演のお稽古中だとか・・・」
瞳「はい・・・今日はこのためにやって来ました。」

蝶は作詞作曲して下さった方が、瞳子さんの舞台を実際に観て、瞳子さんのイメージで作ってくれたとのこと・・・
初めて曲が上がってきた時、へ~私ってこんなイメージなんだ~と新たな自分の一面を知る事ができた・・・
司会「この曲はどんなイメージで歌われてるんですか?」
瞳「WOMANというだけに・・・私自身、そして世の中で頑張ってるカッコイイ全ての女性に向けて歌ってます。」
司会「安蘭さんにとってカッコイイ女性とは?」
瞳「・・・・・・・・私?」
会場爆笑!&拍手

司会の方が、「このCDの写真もかなり素敵ですよね~」
「CDのパッケージ?」と瞳子さんがアタフタしながら言った時、司会の方がすかさず「”CDのジャケット”ですね~どうやってパッケージ・・・包むんじゃないんですから~」と突っ込み!
会場またまた爆笑!
中学卒業以来ずっと音信普通だった友人が、カメラマンとして立派に仕事をしていて、たまたま2年ほど前に再会した縁で、今回のジャケットの撮影を瞳子さんが依頼したとの事・・・

司会「撮影はどんな感じだったんですか?」
瞳「初めは友人を前に、すごく照れくさかったけど、そのうち「かっこいいよ~」「いいんじゃない?」とどんどん乗せてくれて「そう?」「やっぱり?」とどんどんその気になって撮影ができた」

2曲目は「DREAMER」

私・・・本当にこの曲大好き・・・
心が切なくなったり・・・・ほっと温かくなったり・・・
瞳子さんの歌声がこの曲と相まって本当に心地いい・・・
生で聴くことができて・・・本当に嬉しいよ・・・

歌い終わって司会の方がまた登場したんだけど
司会「私、ここで聞き入ってしまいました・・・安蘭さんの声がまた本当にいいですね~」
瞳「いえいえ・・・」

この曲は本当に悩んだそう・・・
気持ちを入れすぎると全く違うものになってしまうし、かなり作曲家の方といろいろ相談したと・・・

この曲はファンの方や今までお世話になった方への感謝の気持ちで歌っていますとの事・・(涙)

そしてサヨナラ公演の話

やはり何かにつけ「これも最後なんだ・・・こうした事ももう最後なんだな~といちいち思ってしまうそう・・・

「ニューオリンズで生まれ、育ったジョイ・ビーという作詞も作曲もやる青年が、様々な出会いをして、恋もして、そして決意も新たに新天地ニュ^ヨークへ旅立っていくお話です」

そっか・・・ニューヨークへ旅立っていくんだ・・・(涙)

「景子先生が、至るところにサヨナラを匂わせるんですよ・・・
お稽古場のあちこちで、みんな自分と重ね合わせて泣いちゃってるし・・・
平然としようと思うんだけど、なかなか・・・
お客さんもいろんな事を思って。。。ぐっときちゃうかもしれない・・・
・・・って意外と平気で笑ってたりして・・・」

何だか。。。この話をしてる時の瞳子さんの瞳が涙で潤んでたようだった・・・
それを見てしまった私も思わずうるうる・・・

本当に公演はもうダム決壊になりそうだ・・・私・・・

そして3曲目は異邦人・・・・

すっごい!すっご~~い!!!上手すぎる!素敵すぎる!!!
この曲も瞳子さんの声と本当にピッタリ合ってると思う・・・
歌ってる瞳子さんをじっと見つめて・・・歌声に浸って・・・
もっともっと聴いていたいのに・・・

司会「この曲を選ばれたのは安蘭さんだとか・・・何故この歌を選ばれたんですか?」
瞳「昔から本当に大好きなんです。カラオケでもまずコレを歌います。とりあえずビール!みたいな感じで、とりあえず「異邦人」みたいな・・・」
司会「でもこうしてアレンジが代わって安蘭さんの歌として歌われる時は普段とは違いますか?」
瞳「やはり違いますね~この歌はご存知の通り久保田早紀さんの歌なんですが、カラオケの時は気楽に歌ってますが・・・やはり情景とか歌の背景をいろいろと考えながら歌うようになりました。」
司会「安蘭さんはこの歌を何時頃歌われるようになったんですか?
瞳「!!これは~あんまり意味が分からずに歌ってたんですけど・・・って何時ごろって言っちゃうとある事が分かっちゃうんで・・・
司会「1979年ですよね~」
瞳「
司会「安蘭さんは子供の頃どんな歌を歌われてたんですか?」
客席から何故か笑いが・・・
瞳「何で笑うん?えっとぉピンクレディーです。UFO!みたいな」とUFOの決めポーズ
司会「踊れるんですか?やってみて下さい!」
客席拍手~
瞳「チャララランランラン~チャララランランラン~手を合わせて見つめるだけで」と踊り出す~
司会も客も拍手~~
司会「安蘭さんはそれを何処で踊っていらっしゃったんですか?」
瞳「えっ??いや、一人で・・・家族の前とかで・・・」しどろもどろな瞳子さんがまた可愛い!

司会「楽しい時間もあっと過ぎ、そろそろ時間となりましたが・・」
客「え~~~」
司会「安蘭さんから最後にご挨拶を・・・」

瞳「ずっと立ちっぱなしで大丈夫でしたか?本当にあっという間に終わってしまいました。私は今日、もう一回ライブを行ってから帰りまして、また明日からお稽古があります。
男役の安蘭けいとして燃え尽きたいと思っています。公演期間も短くなっておりますが、皆様是非観にいらしてください。本日は本当にありがとうございました。」

かなりうろ覚えなんで・・・もし大事な事が漏れてたら、よかったら教えてくださいませ・・・
------------

楽しい時間は本当にあっという間に過ぎてしまいます・・・
でも今回、素顔の瞳子さんが歌う姿を観ることができ、役としての歌ではない歌の歌声を聴くことができて本当に幸せな気持ちでいっぱいです
このイベントに参加できて本当に良かった。


・・・と、こうしてモタモタと書いているうちにサンスポさんでいち早く今日のイベントのことがアップされています。

サンスポ「安蘭けい、念願の初ソロCD発売に笑顔 」




<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール♪

makoron

Author:makoron

宝塚、ミュージカルを観るのが大好きです♪ 特に宝塚OGでは、安蘭けいさん、宝塚現役では、柚希礼音さんはじめ星組が大好きです♪ でも宝塚は全組応援しています♪

オススメ♪

QRコード♪

QR

メールフォーム♪

名前:
メール:
件名:
本文:

来てくれてありがとう♪

いらっしゃいませ♪

大好きなお部屋♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。