Shining Eyes~まったり宝塚Life~

宝塚大好きなmakoronの徒然日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年後半公演ラインナップ見ました

2007年後半公演ラインナップ出ましたね~~
もう~~~「12/15の今日」って所がニクイわ!!
とりあえず、とうこさんを中心に…

星組
博多座公演
2007年8月1日(水)~8月23日(木)
<一般前売開始:2007年6月9日(土)>

ミュージカル
『シークレット・ハンター』
-この世で、俺に盗めぬものはない-
作・演出/児玉明子

1930~40年代のカリブ海に浮かぶ島々を舞台に、泥棒で詐欺師のダゴベールこと、通称“ダグ”が、「或る女を盗み出すこと」という奇妙な依頼を受けたことから始まる、詐欺師とプリンセスとの恋物語。

ロマンチック・レビュー
『ネオ・ダンディズム!II』
-男の美学-
作・演出 岡田敬ニ

宝塚の男役の美学を追求した、ロマンチックでエキサイティングなレビューで、2006年湖月わたるを中心とする星組で上演し、大好評を博しました。今回は、作品の持つ色合いはそのままに、新生星組のために新たにリメイクしての上演となります。

■主演・・・(星組)安蘭けい



星組
◆宝塚大劇場:2007年11月2日(金)~12月15日(土)
<一般前売開始:2007年9月29日(土)>
◆東京宝塚劇場:2008年予定

グラン・ステージ
『エル・アルコン―鷹―』
~青池保子原作「エル・アルコン―鷹―」「七つの海七つの空」より~
脚本・演出/齋藤吉正

「エロイカより愛をこめて」(月刊プリンセス連載)で知られる少女漫画界の重鎮・青池保子氏の代表作である、二つの海洋活劇ロマン「エル・アルコン―鷹―」「七つの海七つの空」(秋田書店刊)をもとに構成したミュージカル。野望のためにイギリス海軍士官の名を捨てスペインに亡命した青年、彼に復讐を誓うイギリス海賊、この二人の男性を軸に、フランスの女海賊との恋を織り込んだ愛憎劇。


グラン・ファンタジー
『レビュー・オルキス―蘭の星―』
作・演出/草野 旦

花の女王と呼ばれるほどに人々を魅了してやまない蘭の花をテーマに、気品高く、華麗で美しく、また妖しく神秘的な世界を、熱帯の熱く激しい地方を舞台に描いたショー作品。

■主演・・・(星組)安蘭けい

は…博多座... 遠い…今まで私のアンテナには遠すぎてひっかからなかったけれど…2007年はあかん…ビシビシに引っかかってしまった…
「シークレットハンター」は大劇場、東宝版をそのまま上演となるとして…
何何何??「ネオダンディズムⅡ」って!!
ワタルさんのサヨナラ公演モノをいきなり上演するんですか…
大劇東宝版は、完全にワタルさんへのお別れのはなむけ的な演出だったと思うんですけれど…初代ネオダンをベースにするんだろうか…??
あまりにもワタトウのネオのインパクトが強すぎて。。。想像できない!!
だからこそ、すっごく観てみたい!!!
とうこさんセンターのネオダン!!

なかなかお泊り観劇は難しいんだけど…日帰り博多座は可能だろうか?
時刻表と一度にらめっこしなくては…

大劇東宝の演目…
『エル・アルコン―鷹―』
青池保子さんの漫画が原作なんですか~初演になるんですよね…
まずは原作を読んでみなくては…!!
スペインに亡命した青年はとうこさんだとして、イギリス海賊は誰がやるんだろう…個人的にはちえちゃんがいいなあ…似合いそう~~♪

『レビュー・オルキス―蘭の星―』
妖しく神秘的な世界かぁ…でも草野さんは、ノバを作った方ですもの…私としてはものすごく期待しちゃいます!!

きっと歌もダンスもすごく高度な演目だと思う!でもきっととうこさんならバッチリ魅せてくれると信じてる!!


<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール♪

makoron

Author:makoron

宝塚、ミュージカルを観るのが大好きです♪ 特に宝塚OGでは、安蘭けいさん、宝塚現役では、柚希礼音さんはじめ星組が大好きです♪ でも宝塚は全組応援しています♪

オススメ♪

QRコード♪

QR

メールフォーム♪

名前:
メール:
件名:
本文:

来てくれてありがとう♪

いらっしゃいませ♪

大好きなお部屋♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。